警察への交通事故処理について

交通事故にあった際に「人身事故」にするのか「物損事故」にするのか警察の方や事故を起こした相手の方に聞かれることが意外と多いみたいです。

 

「人身事故」とはケガをした人がいる事故の事。

 

「物損事故」とはケガをした人がいなくて、あくまでも物が壊れただけの事故の事。

 

 

あなたがケガをしているのに「物損事故」で処理をお願いします。と言われることが多いようですが、上記の内容からして思わず???となりますよね?

 

「物損事故」で処理をしてしまうと、ケガをした人がいない事故という事になりますので、ケガをされた人の「治療費」や「慰謝料」だけでなく「後遺症」が残った場合の補償がなくなる可能性もあります。

 

事故にあってしまった際には、相手の方がどんなに真摯な対応をしてきたとしても、ご自身の身を守るためにも「ケガをしてしまった」場合には「人身事故」として警察の方に処理をしてもらうようにしましょう。

 

また、事故当初はケガや痛みもないため「物損事故」として処理をしていても後々(期限はありますが)あなたの身体に異変が起き病院に受診することになった場合は警察に連絡をして「物損事故」から「人身事故」に切り替えてもらい処理をしましょう。

公開日 : /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA